【外車】フォルクスワーゲンのDPF洗浄もお任せください! | DPFドットコム
  • 冬季休業のお知らせ

【外車】フォルクスワーゲンのDPF洗浄もお任せください!

フォルクスワーゲンのDPF洗浄もお任せください!

ディーゼル先進国の外車にお乗りの皆さん。

DPFの目詰まりでお悩みではありませんか?

今回ご紹介するのは、フォルクスワーゲン(VolksWagen)のDPF洗浄です!

洗浄する車種は・・・

 

「T5」

大容量で使い勝手のよいワンボックスで、商用利用からキャンピング仕様まで幅広く愛用されています。

T5のDPFを分解・洗浄!

コチラが今回届いたDPF。見た目は比較的きれいですね!

写真が見にくいですが、お客様が外そうとした差圧パイプのねじ山がつぶれており、メス側も損傷しているため、これは適合するものに取り替えます。

まずは切断! 蓄積したノウハウでDPFを傷つけないよう、的確な位置で切断します。

切断面

目視で溶損や触媒ワレなどの破損がないことを確認します。

ススが裏面(EX側)に回っているのは少し気になります。周囲のグラスウールから回り込んでいる場合もありますので、しっかりとアッシュを流しだすことで解消しましょう。

各種溶損確認試験を行います。

下は通水試験の様子。黒煙を含んだ黒い水がちょろちょろとでてきます。

 

洗浄液に浸漬します。

SiC製のDPFはフィルター部(グレー色)の間のセラミック緩衝材(白い格子状)が比較的弱いため、あまり強い洗浄液に長時間漬けると脆くなります。

当社ではSiC製とコージェライト製DPFでそれぞれ最適な溶液を時間調整して使用しています。

規定の時間浸漬後、溶液から引き揚げ洗浄していきます。

出てきたアッシュは通常のアッシュでした。 

IMG_0406

洗浄液により溶けかかり、排出されやすくなった大量のアッシュが出てきます。

外殻の金属表面の汚れ・錆びを丁寧に研磨仕上げし、ヒーターで完全に乾燥させます。

IMG_0586

キレイに洗浄・乾燥できました。

ここから職人の溶接技術により切断したDPFを復元していきます。

今回はセンサーボスと差圧パイプボスのメスネジが2カ所ねじ山潰れを起こしていたため、互換性のあるキャンターのボスを移植します。このような互換性の知識や移植技術など、当社には独自ノウハウがたくさんあります。

完成!

ディーゼル先進国の外車にお乗りの皆さん。

DPFの目詰まりでお悩みではありませんか?

国内の外車ディーラーで整備を依頼しても設備やサービス・部品自体がないことも・・・

フォルクスワーゲン T5 のような珍しい外車でも、当社の技術・ノウハウを生かして可能な限りDPFの復活にご協力させていただきます!

  • 輸入しないとDPFが手に入らない
  • 廃盤でDPFを製造していない
お困りなら、今すぐお電話ください!
 

086-486-3017

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ

(金額改定しました。ご注意ください!!)

洗浄価格表

営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
必須車台番号
備考欄
画像を選択

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

マフラー・触媒お探しですか!?

DPFドットコム強み2

車検証明るい

シェアする

トップへ戻る