NoImage

洗浄

E220d

ベンツ

【DPFマフラー洗浄】メルセデス ベンツの目詰まりを解消|2024年最新版

目次

【2024年2月29日更新】

Eクラスはミディアムクラスという名称で1985年から製造、販売されています。Cクラスよりもひと回り大きく高級感のある車種であり、ベンツの中核を担うモデルになります。

日本国内でも多く走っているベンツですが、国産車同様DPFが煤(スス)で詰まってしまうことは避けて通れません。

今回は、DPFメーカーであるDPFドットコムならではの情報をもとに切断洗浄をしていき、お車の不調を改善していきます。

商品情報

メーカー

メルセデスベンツ

車種

E220 d

DPFマフラー分解洗浄のメリット

分解洗浄には3つのメリットあります。

1.内部の汚れも洗い流すことができる
2.洗浄で効果がでるか適切な判断ができる
3.洗浄前後でDPFマフラーの成分を測定できる

DPFマフラーは分解しなくても洗浄可能です。

しかし、分解しないと下記のような不安が残ります。

内部の汚れを除去できない
内部の破損や状態がわからない
性能に関わる成分の検査が適切にできない

上記の分解洗浄のメリットについて解説します。

DPFマフラー洗浄事例

①分解

こちらが、ベンツのDPFマフラーになります。

まずは、施工前点検を行います。

DPFフィルター、外観に破損がないかを確認します。

施工前点検で異常がなければ、遮熱カバーを取り外していきます。

遮熱カバーを外すとこのような状態になります。

続いて、切断箇所のマーキング後にDPFマフラー本体を切断していきます。

DPFマフラーの個体差や使用環境によっては、酸化触媒やDPFフィルターが多少ずれていることもあるので、慎重に切断していきます。

分割するとこの様な状態になります。

左側がSCR、右側がDPFフィルターになります。

②予備洗浄

洗浄前に詰まり具合を確認します。

表面近くに詰まっていた煤(スス)が出てきます。

洗浄機によって表面にあった汚れが洗い流されていきます。

③通水検査

ある程度詰まりが取れたら、水の通り具合、飛び方を確認します。

通水検査によって、フィルタ内部の溶損がないかを判断していきます。

下記の写真のように、アッシュや煤(スス)が詰まっていると水の通りが悪くなります。

>>溶損に関してはこちら<<

④側面洗浄

特殊洗浄機を用いて錆や汚れを落としていきます。

 

錆や汚れが落ちて綺麗になった写真です。

⑤内部洗浄

高圧洗浄機で内部に詰まっているアッシュを砕きます。

砕いたアッシュを反対側からしっかりと洗い出します。

汚れの程度によって、洗浄時間が変わってきます。

この茶色の粒状の塊がアッシュになります。

アッシュは不完全燃焼の排出ガスが内部に残留して凝固された状態のなったものです

DPF再生で焼いて分解することが出来ないため、DPFマフラーの使用期間が長ければ長いほどアッシュが多く溜まっている傾向があります。

時間をかけて洗浄していき、DPFフィルターの中に詰まっていたアッシュが無くなりました。

DPFフィルターから抜けて出てきた、水も綺麗になっています。

特殊洗浄を終えた写真になります。

左側がSCR、右側がDPFフィルターになります。

⑥最終検査

洗浄後に、DPFフィルターの目詰まり検査を行います。

光検査・通針検査・通風検査の3項目を行い、DPFフィルターに異常がないかを確認し数値に異常のないものだけを製品にしています。

⑦乾燥

洗浄工程が完了したら室内100℃の乾燥室に3日間入ります。

DPFフィルター内部に水分が残ると故障の原因になりますので、しっかりと乾燥をさせます。

⑧溶接・組み上げ

DPFマフラーを切断して酸化触媒とDPFフィルターを分解したため、溶接で組み直していきます。

資格保有者が確実な施工を行います。

溶接が終わると、遮熱カバーの取り付けをします。

組み直したDPFマフラーの写真になります。

⑨完成~発送

組み上げ完了後、丁寧に梱包をして発送いたします。

最後に

ベンツの洗浄作業工程はいかがだったでしょうか?

弊社のDPF洗浄は、特殊洗浄を用いた完全オーバーホール洗浄で対応いたしております。

弊社の洗浄では基本料金72,000円(税別)で、往復送料込みになります!

DPFマフラーの不調でお困りの方は是非、DPFドットコムへお問い合わせ下さい。

メーカー

メルセデスベンツ

車種

E220 d

型式
エンジン型式

必須

必須

折り返し連絡

必須

お客様の詳細な車両情報の有無