ディーゼル車のDPF内にオイル混入◆洗浄でマフラー内を全面清掃! - DPFドットコム
  • DPFドットコムのセール案内の画像

ディーゼル車のDPF内にオイル混入◆洗浄でマフラー内を全面清掃!

ファイターFK64Fの22年式

本日の洗浄記録は、三重県の運送会社様。三菱ふそうファイターFK64Fの22年式。

マフラー内にオイルが混入し、ディーラーより交換が必要とのこと。

交換費用は50万円以上と言われ洗浄で解決できるのか。とのご相談です。

もちろん、洗浄をすることでマフラー内のオイルはもちろん煤(スス)やアッシュも同時に洗浄することが可能です。

三重県から往復の送料は約1万円ほど掛りますが、 DPFドットコムでは全国どこでも送料を往復負担させて頂いております。

洗浄記録では、出来る限り分り易く画像をつかって説明させて頂きます。

それでは、宜しくお願い致します。


洗浄開始

DPF洗浄を開始していきます。

 本日のご依頼品になります。三菱ふそうのファイターFK64F。 三菱ふそうのファイターは年式が新しいものは分解型がありますね。 重量は40キロほど。三重県からの送料約4300円。

もちろん往復の送料はコチラで負担させて頂きます。

 マフラーからはかなりオイルの匂いがしますね・・・・。↑からぶら下がってる棒は「差圧センサー」です。入口と出口の差圧を計測してくれています。

ご覧のとおり、ススで真っ黒になっています。 DPFドットコムでは、DPF分解費用・センサー・パイプ取り外しの費用は無料とさせて頂いております。

写真では分りませんが、分解した瞬間オイルに匂いが凄いです・・・。  内部にべったりと張り付いているのがオイルと煤(スス)。 酷いですね・・・。これだけオイルと煤(スス)がべったりと固着しているのは珍しいと思います。    一度マフラー内部で固着が始まると、どんどん広がっていきマフラーの空気の通り道をふさいでしまいます。

空気の通り道が塞がる事で、エンジンにも負荷がかかっていると思います。

ズームした画像です。0.5cmくらい煤(スス)が堆積しています。

恐らく、内部のフィルター内部も同じ状態かと思います。拭き取ってみました・・・・。  あまりに汚れが酷いため、先に通水して表面上の汚れをとっていきます。

と、思ったのですが内部の詰まりが激しすぎて通水すらできません。油分が強すぎて固着しているためでしょう。 数10分ほどかけて何度もしつこく通水していくと、ちょろちょろと下部から水がでてきます。30分ほどかけて通水した結果・・・。通水だけでは全く歯が立ちません。

ディーラーや整備工場では通水洗浄を基本としていますが、通水では気休めにしかならないのが分りますね。

キャビテーション洗浄開始

 洗浄装置にかけていきます。

DPFドットコム採用の特殊溶剤を使用して洗浄を行っていきます。

 装置の下部から空気を送り込み、キャビテーション洗浄を行っていきます。泡がはじける原理を利用して、内部の汚れを破壊していきます。このキャビテーション洗浄は5時間ほどかけて行ってきます。

通水確認を行っていきます。

 5時間後に一度装置から取り出して洗浄装置にかけるだけで、固着していた煤(スス)が溶けだして取れているのが分かります。  反対側から通水することで、溶けだした大量の煤(スス)が出てきました。どこを通水させても大量の煤(スス)が出てきます。1時間かけて入念に洗浄を行っていくと、この90Lの容器3杯分の煤(スス)が出てきます。これだけ、表面上に浮いている煤(スス)は滅多に見れませんね・・・。

再び洗浄機にいれ洗浄開始

 酸化触媒も投入してキャビテーションを行っていきます。 洗浄液の水位を酸化触媒くらいの高さまで調整します。触媒見えなくなりましたが、ちゃんと中にあります! このまま10時間キャビテーションを続けていきました。翌日、洗浄機から取り出して通水させていくと煤(スス)はもちろんですが

凝固していたアッシュが溶けだしてきました。通常のスチーム洗浄や水圧洗浄ではとれきらないアッシュも、特殊な洗浄剤を使用することで取り除く事ができます。 翌日も大量の煤(スス)が出てきました。これだけ出ると気持ちが良いもんです。一度、排水を流して(濾過後)容器の底を見てみると、アッシュが溜まっていました。 この後も何度も何度も、キャビテーション洗浄と通水を続け・・・・。

段々と排水も綺麗になっていき・・・遂に。

 フィルターが貫通して、真水が抜けるようになりました。 通水確認が終了すると乾燥させていきます。

 通水の後は、エアーガンで内部の水分を飛ばしていきます。

洗浄完了

 洗浄後のエンジン側入り口 こちらは排気口側 フィルターも洗浄後はかなり綺麗になりました。 洗浄後のフィルター。表面から内部まで綺麗になっています。ギトギトに固着していたオイルと煤(スス)も見えなくなり、しっかりと洗浄の効果が表れています。

このまま触媒を組んで配送させて頂きます。

おまけ

 洗浄中に気づいたのですが、エンジン側入り口のフランジが割れていました。洗浄前の写真を見ても割れていない様子・・・・・・・・。

恐らく、微量の排気漏れはしていたでしょう・・・・。

こちらは、自社で溶接して完了です。

これで、エンジン入口センサー付近からの排気漏れも無くなりますね!一件落着です。


最後に

今回は三菱ふそうファイター洗浄でした。いかがだったでしょうか?

結果、今回の洗浄時間は40時間ほどかかってしまいましたが

DPFドットコムでは、責任をもって最後までマフラー洗浄をさせて頂きます。

中型・大型ともなるとDPFの交換費用は50万円以上かかってしまいます。
しかし、洗浄では82,000円(税別)のみ。

また、往復1万円ほどの送料も DPFドットコムで負担させて頂きます。

併せて、DPFドットコムではDPFを洗浄する際に、分解や差圧パイプやセンサーの取り外しを無料で行っております。

同業他社は、そのまま分解をせずに洗浄をしているようですが、
本当に洗浄のクオリティーを上げるのであれば分解・取り外しは絶対にするべきです。

恐らく、そこが同業他社との比較材料になるのではないでしょうか。

適当な洗浄をしてはいけません。

当たり前の事ですが

お金を頂いている以上は、責任をもって最後まで洗浄させて頂く事が大切だと感じます。

     

    【お問い合わせ】

    営業時間 9:00〜19:00 (休日:祝祭日 年末年始)

    必須
    お名前

    必須
    メールアドレス

    必須
    問い合わせ

    洗浄買取リビルトその他

    必須
    おりかえし連絡

    メール電話

    電話番号

    必須
    車体番号

    任意備考欄

    任意画像を選択

    任意お客様の詳細な車両情報の有無

    あるない

    トラブル内容を選択ください

    総走行距離

    年式

    型式

    車体番号

    エンジン型式

    車両使用頻度

    交換部品(以前)

    交換部品(今回)

    交換部品(その他)

    チェックランプ種類、点灯状態

    異常コード

    トラブル内容詳細

    シェアする

     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク