【DPFマフラー洗浄】三菱ふそう キャンターのマフラーを洗浄修理|2024年最新版 - DPFドットコム
  • DPFドットコムのセール案内の画像

【DPFマフラー洗浄】三菱ふそう キャンターのマフラーを洗浄修理|2024年最新版

【2024年2月13日更新】

キャンターサンプル写真

キャンターの歴史は古く、初代モデルは1963年に登場しました。

小型トラックでありながら力強い走行は可能で、運転のしやすさなどが主な特徴です。積載量が多くバリエーションも豊富なため、さまざまな需要に対応しています。

また日本のみならず、三菱ふそうブランドとして欧州でも販売されています。

今回の4P10型エンジンは、販売台数も非常に多いので、DPFドットコムでもDPFマフラーに関するお問い合わせ、洗浄のご依頼やリビルト品の販売も多くいただいています。

・メーカー:三菱ふそう
・車種:キャンター
・純正品番:ME555982
・適合型式:TPG,TKGなど

分解洗浄には3つのメリットがあります。

1.内部の汚れも洗い流すことができる
2.洗浄で効果がでるか適切な判断ができる
3.洗浄前後でDPFマフラーの成分を測定できる

DPFマフラーは分解しなくても洗浄可能です。

しかし、分解しないと下記のような不安が残ります。

内部の汚れを除去できない
内部の破損や状態がわからない
性能に関わる成分の検査が適切にできない

上記の分解洗浄のメリットについて解説します。

DPFマフラー洗浄事例

①分解

こちらが、三菱ふそうキャンターのDPFマフラーになります。

キャンターDPF洗浄前

まずは、施工前点検を行います。

DPFフィルター、外観に破損がないかを確認します。

キャンター洗浄前点検

遮熱カバーを取り外していきます。

キャンター洗浄前点検
キャンターDPF遮熱カバー取外し
キャンターDPF遮熱カバー取外し

遮熱カバーを外すとこのような状態になります。

キャンターDPF遮熱カバー取外し

続いて、切断箇所のマーキング後にDPFマフラー本体を切断していきます。

キャンターDPFマフラー切断

こちらが切断後の写真です。

真ん中がDPFフィルター、右側が酸化触媒側です。

煤(スス)でフィルタ表面が目詰まりしています。

キャンターDPFマフラー切断

②予備洗浄

洗浄前に詰まり具合を確認します。

表面近くに詰まっていた煤(スス)が出てきます。

キャンターDPFフィルター予備洗浄

表面にあった汚れが洗い流されています。

キャンターDPFフィルター予備洗浄 表面の汚れを洗浄

③目詰まり検査

ある程度詰まりが取れたら、水の通り具合、飛び方を確認します。

通水検査によって、フィルタ内部の溶損がないかを判断していきます。

写真の赤丸内がアッシュになります。

キャンターDPFフィルター通水検査 赤丸内アッシュ

続いて、光検査・通針検査・通風検査を行います。

目詰まり検査4項目をクリアしたDPFフィルターのみ洗浄可能となっております。

各工程で確実な点検を行っております。

キャンターDPFフィルター通針検査

④内部洗浄

高圧洗浄機で内部に詰まっているアッシュを砕きます。

砕いたアッシュを反対側からしっかりと洗い出します。

汚れの程度によって、洗浄時間が変わってきます。

キャンターDPFフィルター本番高圧洗浄
キャンターDPFフィルター本番高圧洗浄

この茶色の粒状の塊がアッシュになります。

アッシュは不完全燃焼の排出ガスが内部に残留して凝固された状態のなったものです。

DPF再生で焼いて分解することが出来ないため、DPFマフラーの使用期間が長ければ長いほどアッシュが多く溜まっている傾向があります。

キャンターDPFフィルターから出たきたアッシュ

時間をかけて洗浄していき、DPFフィルターの中に詰まっていたアッシュが無くなりました。

DPFフィルターから抜けて出てきた、水も綺麗になっています。

キャンターDPFフィルター本番高圧洗浄 アッシュ無
キャンターDPFフィルター本番高圧洗浄 アッシュ無

特殊洗浄を終えた写真になります。

真ん中がDPFフィルター、右側が酸化触媒になります。

⑤側面洗浄

特殊洗浄機を用いて錆や汚れを落としていきます。

キャンターDPFフィルターWetBlast側面洗浄before
キャンターDPFフィルターWetBlast側面洗浄

錆や汚れが落ちて綺麗になった写真です。

キャンターDPFフィルターWetBlast側面洗浄After

⑥乾燥

洗浄工程が完了したら室内100℃の乾燥室に3日間入ります。

DPFフィルター内部に水分が残ると故障の原因になりますので、しっかりと乾燥をさせます。

 

⑦組み上げ

DPFマフラーを切断して酸化触媒とDPFフィルターを分解したため、溶接でDPFを組み直していきます。

キャンターDPFフィルター組立溶接

溶接が終わると、遮熱カバーの取り付けをします。

キャンターDPFフィルター遮熱カバー溶接
キャンターDPFフィルター遮熱カバー溶接
キャンターDPFフィルター遮熱カバー溶接後

⑧塗装

溶接跡や遮熱カバーから出ている部分を塗装していきます。

※洗浄をして状態が良く、きれいなものに関しては塗装をせず、そのままお返しする場合もあります。

キャンターDPFマフラー塗装

塗装をして綺麗になった状態です。

⑨梱包・発送

組み上げ完了後、丁寧に梱包をして発送いたします。

キャンターDPFマフラー梱包
キャンターDPFマフラー梱包
キャンターDPFマフラー緩衝材梱包

最後に

他社洗浄比較表

キャンターの洗浄作業工程はいかがだったでしょうか?

弊社のDPF洗浄は、特殊洗浄を用いた完全オーバーホール洗浄で対応いたしております。

またDPRを新品に交換するとなると30万円以上の見積もりになる場合もあります。

弊社の洗浄では基本料金72,000円(税別)で、往復送料込みになります!

DPFマフラーの不調でお困りの方は是非、DPFドットコムへお問い合わせ下さい。

     

    【お問い合わせ】

    営業時間 9:00〜19:00 (休日:祝祭日 年末年始)

    必須
    お名前

    必須
    メールアドレス

    必須
    問い合わせ

    洗浄買取リビルトその他

    必須
    おりかえし連絡

    メール電話

    電話番号

    必須
    車体番号

    任意備考欄

    任意画像を選択

    任意お客様の詳細な車両情報の有無

    あるない

    トラブル内容を選択ください

    総走行距離

    年式

    型式

    車体番号

    エンジン型式

    車両使用頻度

    交換部品(以前)

    交換部品(今回)

    交換部品(その他)

    チェックランプ種類、点灯状態

    異常コード

    トラブル内容詳細

    シェアする

     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク