NoImage

洗浄

トラック

トレーラーヘッド(トラクター)のDPRマフラー洗浄

目次

トレーラー(トラクター)でも洗浄が可能です!

どんな大型なトレーラーでも洗浄は可能となっております。
ディーゼル車の触媒は全て同じ構造で、フィルターが目詰まりを起こします。
このフィルターは DPFドットコム技術で、メーカーや車種問わず、全型洗浄可能です。

これほど大型の触媒となると、交換は絶対に防ぎたいところ・・・。
新品は80万円以上はしますので定期的な洗浄メンテナンスを推奨します。

実際にメンテナンスを怠った場合は、触媒自体が目詰まりを起こして溶損してしまうケースが多々みられます。
もちろん、交換になりますのでご注意ください!

それでは洗浄をしていきます。

本日は山梨県からのご依頼です。

重量は27kgでした。
ちなみに、ヤマト便は30kgの荷物までしか運ぶことが出来ません。

よってDPFドットコムでは、基本的に佐川急便さんにお願いしています。
かなり大型のものは福山通運です。

今回は詰まりが酷いというよりも、ちょうど一台のトラクターがメンテナンス中なので同時期にDPFクリーニングしたいとのご要望です。

トレーラーで使用していますが、基本的には大型トラックとすべて構造も同じDPFになります。

DPFドットコム開発の特殊溶剤を使って、洗浄をさせて頂いております。

特殊な洗浄液と装置を使って独自の洗浄ノウハウのもと、詰まりが解消されるまで洗浄をさせて頂いています。

特殊な溶剤に付けた後は、洗浄機の下部から空気を送り込んでいきます。

空気を送りキャビテーション洗浄を開始すると、ドロッとした煤(スス)が出てきました。
この特殊技術を使えば、内部で固着した煤(スス)も破壊し、洗浄することが出来ます。

このまま3時間ほどキャビテーション洗浄を続けていきます。
この後は一度装置から取り出して、詰まりの確認含め、通水をしていきます。

フィルターの入口から出口に向かって通水させていきます。
新品の触媒であれば、通水させることですぐに貫通するはずですが、全く水が通りません。

それでもたくさんの煤(スス)が溶けだしてきます。

 何度も通水させることで、溶けだした煤(スス)を押し出していきます。 

このブルーの容器の2杯分の煤(スス)が出てきました・・・。
さすが、20tクラスの触媒は煤(スス)の量が違います。

 もう一度洗浄機にいれて、キャビテーション洗浄を続けていきます。

持ちやすい様に、ハリガネで取っ手を付けてみました。
気にしないでください。笑

この日は、営業時間が終了したため洗浄は2日目にもちこしました。
このまま翌朝まで12時間ほどかけてキャビテーションしていきます。

おはようございます!
早朝から通水確認をしていきます。
ご覧の通り、昨日とは違い、茶色の濁った汚れが出てきました。

昨日時点では洗浄しきれなかった、アッシュ(エンジンオイルの燃えカス)が出てきました。

こちらも20分ほどかけて丁寧に通水していきます。
アッシュが完全に出なくなった所で、洗浄機に戻します。 

通水したところ、まだまだ詰まりがとれていませんでした。
続けてキャビテーションしていきます。

エアーのスイッチを入れると、すぐに茶色のアッシュがあふれ出してきました。

アッシュを見やすくするため、触媒の上に容器を置きます。 

このように、容器の内側と外側では、全く違う色をしているのが分かると思います。

剥がれ落ちたアッシュは、水に溶けていきます。
この画像が一番分かりやすい?かなと思います。

あまりに詰まりが酷すぎるため、ご依頼人に「1日延長して洗浄させて欲しい」とお電話すると・・・・快諾して頂けました!

ここで一旦画像は途切れますが、次の日のお昼までキャビテーション洗浄と通水確認を繰り返しました!

その結果・・・。

貫通しました!!!
これで、新品同様に使っていただけるかな思います。

計48時間の洗浄時間はかかりましたが、貫通すると本当に気持ちいいです!
このまま、3時間ほどかけて乾燥させていき、洗浄は終了となります。

DPFドットコムでは、DPFは交換するものではなく、洗浄し、再利用するべきだと考えています。
DPFドットコム開発の特殊溶剤を使い、詰まりが解消されるまで徹底的に洗浄させて頂きます。
 
 
是非、お問い合わせください。

必須

必須

折り返し連絡

必須

お客様の詳細な車両情報の有無