【洗浄記録】日産エクストレイルのDPFマフラーは交換不要! | DPFドットコム

【洗浄記録】日産エクストレイルのDPFマフラーは交換不要!

エクストレイルのDPFを買取しました!

早朝にお電話にてお問い合わせ頂きました。「エクストレイルのDPFを新しく交換したので古い方のDPFを買い取りしてほしい」とのこと!

今回はその買い取った日産エクストレイルDPFの洗浄風景を記録しました。せっかくなので、ブログに残しておきたいと思います。

ディーラーよりDPFの詰まりが原因で交換が必要といわれ交換。エクストレイルのDPFは交換で17万円ほどするため非常に高価といえます・・・。

弊社の洗浄サービスでは、エクストレイルのDPF洗浄は63000円(税込)で往復送料無料にてさせて頂いております。(沖縄・離島は片道送料無料)

最大3万円の高価買取をさせて頂いております。是非ご一読ください。
DPF/DPD/DPRの買い取りについてはコチラから>>

正直4万kmでDPFが詰まり交換というのは、エクストレイルユーザーに対しあまりに酷ではなかと思うですが・・・。

と本音がボソッ出たところで、洗浄を開始していきたいと思います!

スペック

・メーカー:日産
・車種 : エクストレイル
・型式 : LDA-DNT31
・エンジン型式 : M9R
・走行距離: 42,000km
こちらがエクストレイルのDPFです。センサーと差圧パイプは無しとなります。ご存知の方には申し訳ないですが、DPFを見た事ない方が多いと思いますので出来るだけ写真を使った解説をしていきたいと思っています。宜しく願いします。  こちらはDPFの出口側になります。 ココに差圧を計測するセンサーがとりつけられます。 画像の手前の入口から奥に向かって排気ガスが流れていきます。入口と出口の空気の通り具合を計測して、差が大きくなるほどDPFランプが点灯すると思っていただければ! 品番ですね。 こちらはフィルターの出口側。詰まり過ぎてフィルターの意味をなしていませんね。フィルターの出口にカーボンが堆積しているということは、DPF内部でカーボンを燃焼出来ていないということになります。
放っておけば、エンジンの故障につながっていたでしょうね。こちらは、DPFの入り口です。びっしりとカーボンが堆積しているのが分ります。ここまで、詰まっているとDPFを触るだけでススが舞ってスタッフ一同「ゴホッゴホッ」と言いながら作業をしています。笑このまま、洗浄機にいれていきます。
内部に堆積したカーボンやアッシュは油分と混ざり合いガチガチに固着しているため特殊な洗浄技術が必要です。 キャビテーションを開始していくと、DPFから粉じんが出てきます。このままキャビテーション洗浄を3時間行っていきます。  洗浄機から一度取り出していきます。先程、キャビテーション洗浄でガチガチに固まったカーボンを少しずつ溶かしましたので水洗いをしていきます。 すぐに溶けだしたカーボンが出てきました。濃度も濃いですね・・・。 フィルターの出口から入口にむけて、通水していくことで溶けだしたカーボンを押し出していきます。反対側から通水すると、逆に詰まってしまいます。ドロドロの炭化物がでてきました。通水は20分ほど行いました。もう一度キャビテーション洗浄を行っていきます。 もう一度、上から吊るして固定していきます。 キャビテーション洗浄を開始しました!中をのぞいてみると泡が発生していきました。 詰まりが改善してきたため、空気の通り道が出来てきましたね!このまま、3時間キャビテーションを続けます。 また、一度取り出して通水確認をしていきます。
もう、お気づきの方もいるとは思いますが、
通水確認 ⇒ キャビテーション洗浄 ⇒ 通水確認 ⇒キャビテーション洗浄
上記の流れを繰り返して、詰まりが解消されるまで行っていきます。
 先程、通水したとは思えないほどのカーボンが出てきました。やはり、詰まりで完全に破棄となったDPFは手ごわいです・・・。 このような要領で20分ほどかけて丁寧に通水させていきます。ちなみに、この入れ物に入っているカーボン。3杯目です。 まだまだ、洗浄が必要なので洗浄機に戻して洗浄を行っていきます。 例のごとくキャビテーション洗浄を開始していきます。 エアーを強く調整してキャビテーション洗浄を行っていきます。営業時間が終了のため、次の日の朝までこのままキャビテーションしていきます。 おはようございます。朝ですね。通水確認をしていくと真っ黒なカーボンではなく、砂状のアッシュが出てきました。
このアッシュが出てくると、最終段階になります。ディーラーやメーカーではカーボンは除去できるのですが、このアッシュだけは落とすことだ出来ません。このアッシュが出なくなるまで通水させていきます。絵的に変わり映えが無いので、省略しましたが、  この後最終確認のため2時間ほどキャビテーション洗浄をしました。 通水確認をしていきます。だんだんと、真水に近づいていきます。ここまでくるとあと一息です。  やっと、真水がでてきました!このように、キャビテーション洗浄の後の通水で真水がでたら洗浄が完了となります。   洗浄が完了すると乾燥させていきます。直射日光を浴びて気持ちよさそうにみえます。 エンジン側も内部が確認できるほどキレイに。 反対側のフィルターです。 真白なフィルターが見えますね。 洗浄機にいれると外観の汚れまでキレイになります。これにて、洗浄は終了となります。最後まで見て頂きありがとうございました。
弊社の洗浄サービスでは、エクストレイルのDPF洗浄は63000円(税込)で往復送料無料にてさせて頂いております。(沖縄・離島は片道送料無料)
弊社では、DPFは交換するものではなく洗浄し再利用するべきだと考えています。
弊社採用の特殊溶剤を使い、つまりが解消されるまで徹底的に洗浄させて頂きます。
是非、お問い合わせください。

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ



営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
備考欄

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

シェアする

トップへ戻る