【ディーゼル】ターボの故障・原因・前兆。対処法はあるのか? | DPFドットコム

【ディーゼル】ターボの故障・原因・前兆。対処法はあるのか?

多くのトラックには低速域でも粘り強い走りができるディーゼルエンジンが搭載され、その効率をより高めるためターボチャージャー(以下「ターボ」)が組み合わされるのが一般的です。

ターボは繊細な部品で構成されており、また熱がこもりやすいため様々なトラブルにつながる可能性があります。ここでは、ターボのトラブルや、影響する他のパーツについて紹介します。

あらかじめこれを知っておくことで、トラブルの前兆を感じたときに早めの対処ができ、修理に出すことになっても最低限の出費で済むようになります。

ターボチャージャーによくあるトラブル

ターボは排気ガスがタービンを回しベアリングを通じてコンプレッサーを動作させるという仕組みになっています。ターボの構造は非常に複雑で、かつ高温の排気ガスが入り込むため、熱をもつことにより大きなトラブルにつながりやすいのです。

そのためターボが故障すると、エンジン本体やシリンダーヘッド・DPFなど様々な箇所の故障につながり、修理費用も高額になってしまいます。

ターボはもともと過酷な状況での使用が想定されているため、他のパーツよりも頑丈に作られているのが普通です。それでも長距離を日常的に走行するトラックでは、乗用車のターボよりもトラブルに神経質になる必要があります

①タービンのトラブル

ターボは排気ガスでタービンを回してパワーアップさせるという形をとっているため、タービンには高温の空気が送り込まれるとともに、最高で毎分20万回転以上という高い負荷がかかります。

そのため適切な冷却をしないとタービンが焼き付いてしまうので、インタークーラー冷却水エンジンオイルなどで冷却する必要があります。オイルの供給不足やそれによる油膜切れを起こすと、タービンの焼き付けにつながってしまいます。

またターボのベアリング部は、エンジンオイルで潤滑されるタイプが現在の主流です。したがってオイルのスラッジや混入したゴミなどがターボシャフトの軸受けやタービンに傷を付けてしまい、トラブルにつながる可能性があるのです。

①吸排気系のトラブル

空気をタービンに取り込む際吸排気インペラに異物が混入してしまうと、タービンの変形やベアリングの焼き付きにつながる可能性があります。

ターボが故障すると、どの箇所のトラブルにつながるのか

ターボが故障すると、白煙が発生したりパワーが低下したりという症状が発生し、そのまま走行に直結するパーツの故障に至る可能性が高いです。

ターボの故障でトラックのどんなパーツが影響を受けるか、詳しく見ていくことにします。

①エンジン本体のトラブル

ターボにおける重要パーツであるタービンが熱で変形すると、過給される空気の量が足りなくなるため十分にパワーが発揮できず、出力の低下に直結します。そのためアクセルを踏み込んでも十分な加速感が得られず、パワー不足を感じてしまいます。

さらに壊れたタービンの破片がエンジン内部に入り込むとエンジン本体が重大なトラブルを起こし、最悪の場合走行不能になってしまうこともあるのです。

こうなってしまうと、エンジンのオーバーホールをしなければならなくなり、数十万円の出費になってしまいます。

②シリンダーヘッドのトラブル

ターボのトラブルに起因するシリンダーヘッドの故障も、異常高温になることが原因となっています。ターボのタービンが異常に発熱するとオーバーヒート状態になりやすく、そのことでガスケットが変形してシリンダーブロックとの間に隙間ができてしまいます。

そうするとエンジンの密閉性が失われ、オーバーヒートの可能性がさらに高まってしまうのです。エンジン内部のピストンの破損にもつながり、最悪の場合は走行ができなくなります

またガスケットは、ターボの故障だけでなく経年劣化でも傷みやすいパーツです。古い車や走行距離の多い車ほど破損しやすいため、特に気を付ける必要があります。

シリンダーヘッドやガスケットが故障した場合、軽症であればガスケットの交換のみで直りますが、重症になるとシリンダーヘッド自体を交換しなければならず、場合によっては数十万円の修理費用がかかることもあります。

Diesel Particulate Filter(DPF)に関連するトラブル

DPFはディーゼル車特有の装備で、正式名称を「ディーゼル微粒子捕集フィルター」といいます。排ガスの浄化を行うため有害物質を処理するという機能を持ち、ガソリンエンジンよりも有害物質が多く含まれるディーゼルエンジンの排ガスを浄化しています。

そのままでは使用しているうちにフィルターが詰まってしまうため、フィルターでカットしたPM(排ガスに含まれる微粒子)を焼却しフィルターをセルフクリーニングしています。

しかしそのフィルターが、エンジン内部の異常燃焼などにより目詰まりを起こすとDPFの浄化作用が機能しなくなり、セルフクリーニングサインが点灯してエンジン停止ができなくなります。また排気効率も低下するため、エンジンの回転数が頭打ちになり十分なトルクが得られない・燃費性能が悪化するなどの症状が現れることもあります。

トラックのDPFにトラブルが生じる原因としては、エンジンを十分に暖めない運転という点がありますが、経年劣化による性能悪化という点も原因のひとつです。またターボのトラブルで十分に燃料が燃えないとDPFにも過度の負担がかかり、トラブルや故障につながってしまう可能性もあるのです。

故障してしまったときの対処法は?

トラックはターボのトラブルにより、様々なパーツの故障につながる危険性をもつことがわかりました。では実際に故障し症状が出てしまった場合、どのような対処をすべきなのでしょうか。

ターボに起因するパーツの故障・トラブルはパーツの異常加熱によるものが多くなっています。一時的にはエンジンを冷やすことでその場をしのげることもありますが、そのまま放置しておけば最終的に走行できなくなります

自分でなんとかするということは考えずに、応急処置をしたらすぐ修理に出すことを検討しましょう。

トラブルを未然に防ぐためには

前項で紹介した故障やトラブルは、ターボのトラブルに起因するものが多いということがわかりました。ターボのトラブルを未然に防ぐことで、トラックの様々なパーツが致命的なダメージを受ける前に対処することができます。

整備のプロでないと見抜けない点もありますが、ユーザー・トラックドライバーとして普段から注意することで、トラブルの予防につながるポイントも多くあるのです。

エンジンオイルの管理はしっかりと

ターボは重要部品であるタービンを、主にエンジンオイルで冷やしています。的確に冷却するためには、そのオイル管理が非常に大切です。ときどきエンジンオイルの量が不足していないか、また変色していないかなどをチェックしておきましょう。

水温の管理

ターボの故障やそれに起因するトラブルについては、ターボの異常加熱によるものが多いです。したがってターボ冷却の機能も果たすクーラントの管理も、トラブルを未然に防ぐためには大事です。水温計を常に確認するとともに、クーラントの量なども普段からチェックしておくことで、異常を感知した場合も早めの対応が可能になります。

ターボにやさしいドライビング

ターボのトラブルを防ぐには、普段からトラブルにつながらない運転を心がけるのがいちばんの近道といえます。急加速や急ブレーキなど、必要以上のアクセル・ブレーキ操作をすることがないように、丁寧なドライビングを心がけましょう

まとめ

ターボ自体のトラブルからトラックの様々なパーツの故障につながることもある、ということを説明してきました。

重症化させないためには普段からチェックポイントに気を付けて運転することでトラブルを早期に発見し、異常を察知した場合は早めに対処することが重要になってきます

また万が一大がかりな修理をする必要が生じた際は、多額の修理費用がかかります。その場合、通常は新品パーツを使用することが多くなりますが、適切に再生されたリビルトパーツを上手に活用すれば、新品パーツにもひけをとらない性能を、低コストで復活させることも可能です。

故障は起こらないにこしたことはありませんが、万が一修理が必要になった場合は、コストパフォーマンスの高いリビルトパーツ活用を積極的に検討してみるとよいでしょう。

トラックパーツ・自動車部品のお問い合わせはコチラ

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須お電話番号
    必須ご返信方法
    必須型式
    必須車台番号
    備考欄
    画像を選択

     内容に問題が無ければチェックを入れてください

     

    DPF洗浄のご注文はコチラからどうぞ

    (金額改定しました。ご注意ください!!)

    洗浄価格表

    営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

      必須お名前
      必須メールアドレス
      必須お電話番号
      必須ご返信方法
      必須型式
      必須車台番号
      備考欄
      画像を選択

       内容に問題が無ければチェックを入れてください

      ご注文からご入金・返送までの流れ

      発送時の注意事項!

      ・発送前に可能な限りセンサー・ブラケット類を取り外してご発送ください。

      ・送料は往復弊社負担(買取の場合片道弊社負担)させていただきますが、1梱包あたり片道送料が¥5,000を超える場合は超過分の送料を料金に上乗せ(買取額から差引き)させていただきます。

      ・梱包数が複数口になる場合、1個当たりの送料が5000円を超えない限り、何口でも当社にて送料負担いたします。

      ・お客様のご都合による返送(誤配送・洗浄不可DPF等の返却・買取不可DPF等の返送など)は当社での送料負担は致しかねます。

      ・【佐川急便、ヤマト運輸、福山通運、日本郵便】左記配送業者以外での発送はご遠慮ください。

      ・梱包はダンボールで220サイズ程度に収めていただき、センサーや差圧パイプが破損しないようしっかりと梱包してください。

      パレットやコンテナなどの荷姿での発送はご遠慮ください。

      ・ご返送はお振込確認後に行います。お振込みが難しくお急ぎの場合は代引き配送も承っております(別途代引き手数料を頂きます)。代引きご希望の場合はご注文時にご指定下さい。

      ・振込み手数料はお客様ご負担にてお願いしております。

      ・DPF内の詰まりがひどい場合は、追加でお時間いただく場合がございます。

      ・下記写真の様なSCR付きDPFユニットや、大型DPFユニットでの発送はお断りしております。DPF(DOCとDPFが一体となっているものを含む)のみに分解の上、DPFのみでご発送ください。

      SCR付きDPFユニットを誤ってご発送の場合、受け取り拒否となる場合があります。


      シェアする

      トップへ戻る