◆日産キャラバンのDPF目詰まり ⇒ 洗浄しDPF再生へ | DPFドットコム

◆日産キャラバンのDPF目詰まり ⇒ 洗浄しDPF再生へ

今回は日産キャラバンの洗浄記録となります。日産では、バネットに次いで洗浄依頼の多い車種です。

また、日産のDPFで比較してみてもこの「キャラバン」のDPFはサイズがかなり小さいです。これが直接的な詰まりの多い原因かなとDPFドットコムでは考察しています。

フィルターの表面積が小さい = 排気面が少なく、詰まりやすい

分かりやすく言うとこんな感じでしょうか。

正直、とても2953ccの排気が出来る大きさには見えないです・・・。とりあえず、洗浄にいってみます!

スペック

・メーカー:日産
・車名 : キャラバン
・型式 : LDF-VWME25
・駆動 : 4WD
・エンジン : ZD30DDTi
・排気量:2953cc

全長 30cmほどの小さなフィルターです。日産バネットも同タイプですが、これの倍ほどあります。ちなみに、こちらはフィルターのみで酸化触媒は別付けで前段に位置しています。 当然、フィルターは真っ黒で焼けたような跡があります。この真っ黒なフィルターを洗浄していきます!ちなみにこちらが差圧パイプ。ここの詰まりが原因で誤作動をおこし、ランプが点滅するケースもございます。

 こちらは洗浄のため、回りの装甲を外してみました。笑 なんかむき出しになってますね・・・。 洗浄機にいれて洗浄準備を行っていきます。 洗浄キャビテーションをスタートしました!内部から、炭化物がぐつぐつと出てきました・・・。 炭化物が剥がれてきました。ズームするとこんな感じです。詰まりが酷く、泡が上部まで上がってきません。5時間ほど掛けてキャビテーション洗浄を続けていきます。 一度通水していきます。かなりの炭化物が出てきました・・・。ちなみに、夜間作業となりますので画像が見にくいかもしれません。あしからず。特殊な洗浄剤を使用しているため、これだけドロドロの状態で出てきます。反対側からも通水を繰り返してフィルター内部に堆積したカーボンを除去していきます。 通水し続けると、ドロドロの水が透明になってきました。   サイド、キャビテーション洗浄にため洗浄機に投入していきます。 DPFドットコムでは、1つの触媒に対して洗浄時間を3・40時間は確保して洗浄しています。何年もかけて蓄積されたカーボンやアッシュは数時間程度の洗浄で取る事はできません。 このまま翌朝まで8時間ほどかけてキャビテーション洗浄を続けていきます。 おはようございます!翌朝洗浄機から取り出して通水をすると、大量のアッシュが出てきます。 この、茶色の物体がアッシュ(エンジンオイルの燃えカス)と呼ばれるものです。これは、金属製の成分であり熱にはめっぽう強いため、焼けずに触媒内部に残ります。正直、炭化物ではなくこのアッシュが原因でフィルターは目詰まりを起こしているといっても過言ではありません。  このまま通水させていきます。30分ほどかけて通水させてもまだまだ出てきます。ズームするとこんな感じです。最終確認のため、洗浄機に再投入。完全に触媒が貫通したため、真白の泡が出てきました。 このように通常では除去が難しいアッシュでも、弊社技術では洗浄再生が可能です。 泡が溢れるくらいフィルターのアッシュの除去に成功しました。真白な水が出てきました。最後に通水して作業が終了となります。 洗浄後のフィルター内部

最後に

いかがでしたでしょうか?

このようにDPFは洗浄し再生することが可能です。キャラバンのDPFは本体のみで15万円ほどのコストが掛かってしまいます。しかし、洗浄では64000円(税別)で洗浄再生が可能です。

これが上限価格となるため、詰まりが酷い場合でも追加料金は一切ありません。

DPFドットコムでは全国送料無料となっております。(沖縄・離島は片道送料無料)

DPFの詰まりや交換でお困りの方、通常では困難といわれるアッシュ・カーボンも一掃する、弊社技術やノウハウをぜひご検討ください。

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ

(金額改定しました。ご注意ください!!)

洗浄価格表

営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
必須車台番号
備考欄
画像を選択

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

発送時の注意事項!

・発送前に可能な限りセンサー・ブラケット類を取り外してご発送ください。

・送料は往復弊社負担させていただきますが、往復送料が¥10,000を超える場合は超過分の送料を料金に上乗せさせていただきます。

・【佐川急便、ヤマト運輸、福山通運、日本郵便】左記配送業者以外での発送はご遠慮ください。

・梱包はダンボールで220サイズ程度に収めていただき、センサーや差圧パイプが破損しないようしっかりと梱包してください。

パレットやコンテナなどの荷姿での発送はご遠慮ください。

・ご返送はお振込確認後に行います。お振込みが難しくお急ぎの場合は代引き配送も承っております(別途代引き手数料を頂きます)。代引きご希望の場合はご注文時にご指定下さい。

・振込み手数料はお客様ご負担にてお願いしております。

・DPF内の詰まりがひどい場合は、追加でお時間いただく場合がございます。

・下記写真の様なSCR付きDPFユニットや、大型DPFユニットでの発送はお断りしております。DPF(DOCとDPFが一体となっているものを含む)のみに分解の上、DPFのみでご発送ください。

SCR付きDPFユニットを誤ってご発送の場合、受け取り拒否となる場合があります。


シェアする

トップへ戻る