【インジェクター】エンジンランプ点灯の原因TOP3☆一発解消! 快適!! | DPFドットコム

【インジェクター】エンジンランプ点灯の原因TOP3☆一発解消! 快適!!

【ここだったのか!】ディーゼル車エンジンチェックランプが一発解消法

あなたが普段乗っているディーゼル車でエンジンチェックランプがついた事はありませんか?

それには様々な問題があります。

その問題を高確率で原因を解消する方法があります。

それは【インジェクター】の交換です。

インジェクターとは、エンジン内に霧状の燃料を吹きかける装置で、クルマなどのエンジンには欠かせない部品です。

構造は単純でほぼメンテナンスは不要ですが、

ディーゼル車はシリンダー内にインジェクターがあり、燃焼圧力にさらされるエンジンでは、なおさらカーボンが堆積しやすい傾向にあります。

長期間、使用していた車輌のインジェクターの中には、燃料や燃焼ガスによるカーボンやゴミなどの蓄積物がスプレーチップの一部を塞いでいる物をよく見かけます。

先端部分が一部塞がれている状況では、理想的な混合気を作れなくなってしまいますが、コンピューターによる精密なエンジン制御のおかげで、エンジンは普段どおりに始動してしまいます。

長期間そのまま走行していると、DPFフィルターとエンジンを確実に性能低下させます。

そのため、インジェクターがDPFの詰まりの原因になるのです。

 

【えっ!?そもそも】インジェクターとは?

上記でも説明した通り、簡単に言えば「エンジン内で燃料を噴射する装置」です。

 

当たり前ですが、クルマはガソリンや軽油などの石油燃料で走行しますよね?その燃料を安定して供給していないと正常には動きません。

その為、燃料タンクからエンジンに供給する時にエンジン内の空気量に合わせて、供給する燃料の量を調整してエンジン内に燃料を噴射する装置です。

その際に、燃料を液体から霧状にしてシリンダーに送り込む必要があります。

キャブレターという物を使った方法と、圧力を加えた燃料を小孔から噴出させる、スプレー効果を利用する2つの方式があります。

かつては、キャブレターが主流でしたが、デメリットの気温、気圧、湿度に左右される問題がありましたが、次第にコンピューターが発達して21世紀に入り自動車用途では電子燃料噴射装置「インジェクター」がほぼ全面的に採用され、キャブレターを用いられる事が少なくなってきました。

インジェクターは、もともと高度で大気状態が極端に変化する航空機のために開発されました。

複雑な構造をしているのでは? とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には非常にシンプルな構造をしており、突然の故障などの心配が少ないという点もインジェクターならではのメリットといえます。

【ちょっと待って!】インジェクターは消耗品

インジェクターのメリットは突然の故障などの心配が少なく構造がシンプルで気温、気圧、湿度にも左右されない事ですが。

消耗品であることには変わりはなく、長期走行していると徐々にその機能は低下します。

乗り続ける場合は、定期的なメンテナンスが必要であるということを忘れないようにしましょう。

特にディーゼル車の場合、燃料の自己着火により燃焼を行うため、燃料噴射の状態が着火後の燃焼状況に大きく影響します。

そのため、過度なススが発生し蓄積により、DPFの詰まりの原因に繋がります。

他にも、カーボンスラッジによるEGRバルブやターボ等の機械的な故障の原因です。

実際に、「DPFドットコム」コールセンターにお電話頂いているお客様に散見されています。

インジェクターの性能を維持することは、結果的に高価な部品交換を抑制し、整備費用の低減と急なトラブル発生確率が低減します。

また燃費の悪化も抑制するので、車両のランニングコストを低減することにも繋がります。

インジェクターは消耗品であることから、定期的に洗浄などのメンテナンスを行っていても、寿命がきてしまえば交換しなくてはなりません。

交換目安としては、走行距離が10万キロに達した頃に考えるのが最も分かりやすいでしょう。

また購入から10年という目安もありますが、これには乗車頻度などにも大きく関係することから、やはり走行距離を一番の目安として考える事がオススメです。

【3大トラブル!】インジェクターが原因相談ランキング

第1位★DPF再生に時間がかかる、再生の頻度が多い

このお悩みがダントツです!8割~9割のお客様からご相談を頂きます。

中には高額な修理費でお悩みのお客様がほとんどで、根本の原因が「インジェクター」で、DPFを新品に変えたのに、また同じ症状で悩まれています。

第2位★パワーが出ない、エンジンがブレる

トラックドライバーのお客様からのご相談が多いです。

上り坂でパワーが出ない/高速道路でいきなりパワーダウンした/回転数が定まらない/etc…

第3位★白煙、黒煙が出る

トラックドライバーの方や整備工場のお客様からご相談が多いです。

DPFを変えたのに白煙が出る!/黒煙が出る!/どうやっても治らない/etc…

【任せて安心!】そのお悩みラクラク解決しませんか?

本ページ内で一発ラクラク解決出来ます。

DPFとインジェクターを一緒に交換しましょう!

「DPFドットコム」なら、DPFの専門家が何でもお任せ!インジェクターの取り扱い等もございます。

他より安い!/高品質!/充実のアフターサービスの3拍子でお客様に自信を持って、お客様に合ったご提案させて頂きます。

併せて、その他パーツの取り扱いもございます。

お気軽にお問い合わせください!

古くなったインジェクターや廃車になった車のインジェクターなど、手元にあっても困りますよね?

当社にお任せください。

「インジェクタードットコム」ならインジェクター買取専門店で買取致します!

なんと1本¥2,000円から買取可能です。詰りや汚れがあっても構いません! 多少の傷なら買取させて頂きます。

(※程度により買取りできない場合もございます)

まずは、お気軽にご相談ください!

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ

(金額改定しました。ご注意ください!!)

洗浄価格表

営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
必須車台番号
備考欄
画像を選択

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

発送時の注意事項!

・発送前に可能な限りセンサー・ブラケット類を取り外してご発送ください。

・送料は往復弊社負担させていただきますが、往復送料が¥10,000を超える場合は超過分の送料を料金に上乗せさせていただきます。

・【佐川急便、ヤマト運輸、福山通運、日本郵便】左記配送業者以外での発送はご遠慮ください。

・梱包はダンボールで220サイズ程度に収めていただき、センサーや差圧パイプが破損しないようしっかりと梱包してください。

パレットやコンテナなどの荷姿での発送はご遠慮ください。

・ご返送はお振込確認後に行います。お振込みが難しくお急ぎの場合は代引き配送も承っております(別途代引き手数料を頂きます)。代引きご希望の場合はご注文時にご指定下さい。

・振込み手数料はお客様ご負担にてお願いしております。

・DPF内の詰まりがひどい場合は、追加でお時間いただく場合がございます。

・下記写真の様なSCR付きDPFユニットや、大型DPFユニットでの発送はお断りしております。DPF(DOCとDPFが一体となっているものを含む)のみに分解の上、DPFのみでご発送ください。

SCR付きDPFユニットを誤ってご発送の場合、受け取り拒否となる場合があります。


シェアする

トップへ戻る