洗浄記事‐リライトパーツ案 - DPFドットコム
  • DPFドットコム、4月セミナー開催についての画像

洗浄記事‐リライトパーツ案

切断洗浄のメリットについて解説します。

まず、DPFマフラーの中には黒煙中に含まれる煤(スス)や、エンジンオイルの燃えカスから生成されるアッシュが詰まっていますこれは車を走らせれば走らせるだけ蓄積していきます。

一体型DPFマフラーの場合は分割できない上、前後配管で径を絞っていたり、整流版などがあるためこのまま直接DPFフィルターを洗浄できません。またDPFマフラーのほとんどの内部構造がエンジン側から「酸化触媒(DOC)」→「DPFフィルター」→「SCR」の順に内蔵されています。目詰まりを引き起こすエンジンオイルの燃えカスのアッシュはエンジン側のDPFフィルターに蓄積されていきます。「酸化触媒(DOC)」と「DPFフィルター」の間に蓄積されたアッシュは自動再生(燃焼)では焼け切れず、添加剤や洗浄液でも取り除くことは不可能です。DPFマフラーの構造上、両側から洗わないと綺麗になりません。

切断洗浄することで、自動再生(燃焼)や添加剤・洗浄液で除去できなかった厄介なアッシュが洗い流せます。

また、酸化触媒に含まれる白金の量が自動再生(燃焼)に大きく関係してきます。それは白金量が規定値より少ないとDPFの燃焼が起こらなくなります。この問題を解決するためにDPFドットコムではDPFマフラーを切断することで酸化触媒に含まれる白金量を測定します。そうすることで良質な酸化触媒を選別でき、製品としてお客様のもとへとお送りできます。

また、DPFマフラーを切断することでDPFフィルターを目視確認でき溶損の有無や目詰まり検査ができます。世の中の多くのDPF洗浄では溶損の有無を問わずに洗浄を実施しています。溶損しているとDPFマフラーとしての役割を失ってしまいます。切断することでDPFフィルターの目詰まりや溶損の有無を目視や検査で確認することができ、粗悪な製品が完成することを防いでいます。

時間を掛けて確実な施工をして新品同様に仕上げます。DPFドットコムでは洗浄後30日の保証期間があり再洗浄をさせていただきます。切断洗浄を実施したDPFマフラーは車検にも通りますのでお気軽にお問い合わせください。

切断洗浄メリット②

DPFドットコムの切断洗浄のメリットについて解説します。

DPFドットコムでは切断洗浄することで大きく3つのメリットがあります。

それは

1.自動再生や添加剤、洗浄液では落としきれないアッシュも洗い流せることができる

2.DPFフィルターを目視確認でき、破損の有無や目詰まり検査が可能になる

3.酸化触媒に含まれる成分を測定し、DPF以外のトラブルを防止できる

エンジン側のDPFフィルターには大量の煤(スス)とエンジンオイルの燃えカスのアッシュが蓄積してます。DPFマフラーを切断せず洗浄しても、アッシュを洗い流すことは不可能です。切断洗浄することで、自動再生(DPF燃焼)や添加剤・洗浄液で除去できなかった厄介なアッシュが洗い流せます。DPFフィルターを両側から洗うことで非切断洗浄よりも確実に綺麗になり、新品同様のDPFフィルターになります。

次に、DPFマフラーを切断することでDPFフィルターの状態を目視確認でき、破損の有無や目詰まり検査ができます。世の中の多くのDPF洗浄では破損の有無を問わずに洗浄を実施しているのが実情にあり、破損しているとDPFマフラーとしての役割を失ってしまいます。切断することでDPFフィルターの目詰まりや破損の有無を目視や検査で確認することができ、粗悪な製品が完成することを防いでいます。

次に、切断後と洗浄後に酸化触媒に含まれる成分量を測定を行います。なぜ成分量を測定するかというと、自動再生(DPF燃焼)に大きく関係しているからです。成分量が規定値より少ないと自動再生(DPF燃焼)が起こらなく、DPFフィルターに煤(スス)で詰まってしまうことがあります。この問題を解決するためにDPFドットコムではDPFマフラーを切断することで酸化触媒に含まれる成分量を測定し、良質な酸化触媒を選別して製品としてお客様のもとにお送りできます。

時間を掛けて確実な施工をして新品同様に仕上げます。

DPFドットコムでは洗浄後30日の保証期間があり再洗浄をさせていただきます。

切断洗浄を実施したDPFマフラーは車検にも通りますのでお気軽にお問い合わせください。

切断洗浄メリット③

DPFマフラーは非分解でも洗浄可能です。

しかし、非分解で洗浄を行うと

1.アッシュを除去できない

2.DPFフィルターを目視確認できない

3.酸化触媒に含まれる成分を測定できない

という、デメリットがあります。

ですが、DPFドットコムの切断洗浄することで大きく3つのメリットがあります。

それは

1.自動再生や添加剤、洗浄液では落としきれないアッシュも洗い流せることが出来る

2.DPFフィルターを目視確認でき、破損の有無や目詰まり検査が可能になる

3.酸化触媒に含まれる成分を測定し、DPF以外のトラブルを防止できる

エンジン側のDPFフィルターには大量の煤(スス)とエンジンオイルの燃えカスのアッシュが蓄積してます。DPFマフラーを切断せず洗浄しても、アッシュを洗い流すことは不可能です。切断洗浄することで、自動再生(DPF燃焼)や添加剤・洗浄液で除去できなかった厄介なアッシュが洗い流せます。DPFフィルターを両側から洗うことで非切断洗浄よりも確実に綺麗になり、新品同様のDPFフィルターになります。

次に、DPFマフラーを切断することでDPFフィルターの状態を目視確認でき、破損の有無や目詰まり検査ができます。世の中の多くのDPF洗浄では破損の有無を問わずに洗浄を実施しているのが実情にあり、破損しているとDPFマフラーとしての役割を失ってしまいます。切断することでDPFフィルターの目詰まりや破損の有無を目視や検査で確認することができることで、洗浄後のトラブル発生の可能性を防ぎます。

次に、切断後と洗浄後に酸化触媒に含まれる成分量を測定を行います。なぜ成分量を測定するかというと、自動再生(DPF燃焼)に大きく関係しているからです。成分量が規定値より少ないと自動再生(DPF燃焼)が起こらなく、DPFフィルターに煤(スス)で詰まってしまうことがあります。この問題を解決するためにDPFドットコムではDPFマフラーを切断することで酸化触媒に含まれる成分量を測定し、洗浄後の自動再生(DPF燃焼)不良が起きないように施工しています。

時間を掛けて確実な施工をして新品同様に仕上げます。

DPFドットコムでは洗浄後30日の保証期間があり再洗浄をさせていただきます。

切断洗浄を実施したDPFマフラーは車検にも通りますのでお気軽にお問い合わせください。

切断洗浄メリット④

DPFマフラーは非分解でも洗浄可能です。しかし、非分解で洗浄を行うと

1.アッシュを除去できない

2.DPFフィルターを目視確認できず、破損の有無を判断できない

3.酸化触媒に含まれる成分を測定できず、洗浄後のトラブルに繋がる恐れがある

という、デメリットがあります。

ですが、DPFドットコムの切断洗浄することで大きく3つのメリットがあります。

それは

1.自動再生(DPF燃焼)や添加剤、洗浄液では落としきれないアッシュも洗い流せることができる

2.DPFフィルターを目視確認でき、破損の有無や目詰まり検査が可能になることで再生可能の可否がわかる

3.酸化触媒に含まれる成分を測定し、DPF以外のトラブルを防止できる

DPFマフラー洗浄を行う業者の多くが、非分解洗浄です。

その中で、DPFドットコムでは分解洗浄を行うことで詰まりの元になる汚れを徹底的に洗い切ります。

切断洗浄メリット⑤

DPFマフラーは非分解でも洗浄可能です。

しかし、非分解で洗浄を行うと下記のデメリットが出てきます。

1.アッシュを除去できない

2.DPFフィルターを目視確認できず、破損の有無を判断できない

3.酸化触媒に含まれる成分を測定できず、洗浄後のトラブルに繋がる恐れがある

DPFドットコムの切断洗浄することで非分解でのデメリットが解消できます。

ですが、DPFドットコムの切断洗浄することで大きく3つのメリットがあります。

1.自動再生(DPF燃焼)や添加剤、洗浄液では落としきれない内部の汚れも洗い流せることができる

2.DPFフィルターを直接目視確認できるので、洗浄でトラブルが解消するかの適切な判断ができる

3.DPFマフラーに含まれる成分を測定するため、洗浄前後で性能の低下が発生していないかを確認できる

DPFマフラー洗浄を行う業者の多くが、非分解洗浄です。

その中で、DPFドットコムでは分解洗浄を行うことで詰まりの元になる汚れを徹底的に洗い切ります

切断洗浄メリット⑥

DPFマフラーは非分解でも洗浄可能です。しかし、非分解で洗浄を行うと

1.アッシュを除去できない

2.DPFフィルターを目視確認できず、破損の有無を判断できない

3.酸化触媒に含まれる成分を測定できず、洗浄後のトラブルに繋がる恐れがある

という、デメリットがあります。

ですが、DPFドットコムの切断洗浄することで大きく3つのメリットがあります。

それは

1.自動再生(DPF燃焼)や添加剤、洗浄液では落としきれない内部の汚れも洗い流せることができる

2.DPFフィルターを直接目視確認できるので、洗浄でトラブルが解消するかの適切な判断ができる

3.DPFマフラーに含まれる成分を測定するため、洗浄前後で性能の低下が発生していないかを確認できる

DPFマフラー洗浄を行う業者の多くが、非分解洗浄です。

その中で、DPFドットコムでは分解洗浄を行うことで詰まりの元になる汚れを徹底的に洗い切ります

切断洗浄メリット⑦

切断洗浄には3つのメリットがあります。

・内部の汚れも洗い流せることができる
・洗浄で効果がでるかの適切な判断ができる
・洗浄前後でDPFマフラーの成分を測定できる

DPFマフラーは分解しなくても洗浄可能です。

しかし、分解しないと下記のような不安は残るでしょう。

・内部の汚れを除去できない
・内部の破損や状態がわからない
・性能に関わる成分の検査が適切にできない

DPFマフラー洗浄を行う業者の多くが、非分解洗浄です。

DPFドットコムでは分解洗浄を行うことで詰まりの元になる汚れを徹底的に洗い切ります

また、DPFマフラーの分解することに不安がある方は、DPFドットコムまでお問合せ下さい。

最後に

他社洗浄比較表

~の洗浄作業工程はいかがだったでしょうか?

弊社のDPF洗浄は、特殊洗浄を用いた完全オーバーホール洗浄で対応いたしております。

またDPRを新品に交換するとなると~万円以上の見積もりになる場合もあります。

弊社の洗浄では基本料金~円(税別)で、往復送料込みになります!

DPFマフラーの不調でお困りの方は是非、DPFドットコムへお問い合わせ下さい。

     

    【お問い合わせ】

    営業時間 9:00〜19:00 (休日:祝祭日 年末年始)

    必須
    お名前

    必須
    メールアドレス

    必須
    問い合わせ

    洗浄買取リビルトその他

    必須
    おりかえし連絡

    メール電話

    電話番号

    必須
    車体番号

    任意備考欄

    任意画像を選択

    任意お客様の詳細な車両情報の有無

    あるない

    トラブル内容を選択ください

    総走行距離

    年式

    型式

    車体番号

    エンジン型式

    車両使用頻度

    交換部品(以前)

    交換部品(今回)

    交換部品(その他)

    チェックランプ種類、点灯状態

    異常コード

    トラブル内容詳細

    シェアする

     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク
     
    問い合わせリンク