【洗浄記録】日産バネットのDPFマフラー洗浄で詰まりを解消 | DPFドットコム

【洗浄記録】日産バネットのDPFマフラー洗浄で詰まりを解消

バネットの洗浄施工方法を変更致しました  >>

詳しくはコチラ  >>

バネットの洗浄について

今回は、日産バネットのDPFマフラー洗浄記録になります。

DPFドットコムでも、日産バネット・マツダボンゴ・三菱デリカは、非常にお問い合わせの多い車種となります。

中でもバネットはお問い合わせ・洗浄回数が一番多い車種といえます。

早速ですが、

このサイトに辿りついたということは、以下の事でお悩みではないでしょうか?

1. DPFランプが頻繁に点滅する・消えない
2. 強制再生・手動再生が出来ない
3. DPFの交換費用が高い・・・。
 簡単にまとめてみましたので、ご覧ください。
早く洗浄見せてくよ!という方は、しばし我慢を・・・・・・。

DPFランプが頻繁に点滅する・消えない

別記事で触れています 詳しくはコチラ >>

DPFのランプはどういう仕組みなのかというと・・・。

入口と出口の差圧を計測して、ランプが光るのか光らないのかを判断しています。

簡単に一例をあげると、エアコンのフィルターと同じです。

「詰まっていたらエラーのサインが出て、清掃してください」のランプが付くといった解釈でOKです。

強制再生・手動再生が出来ない

別記事で触れています 詳しくはコチラ >>

まず、強制再生・手動再生が出来ないということは

内部のフィルターが詰まりすぎている という事が原因になります。

詰まりすぎるとどうなるか・・・。

空気の通り道が無くなり、排気ガスが排出されなくなります。

当然ながら、空気も排気ガスの通り道が無ければ、フィルター内でススを燃やす事すらできず

再生させることは出来なくなります。

正直、強制再生が出来ない時点で、DPF交換か洗浄かの2択しか残っていないと思います。

DPFの交換費用について

ディーラーや整備工場で工賃含め安くしてくれた場合でも
バネットの、DPF交換費用は15万円~20万円の見積もりになるかと思います。
中には、「おい!ディーラー・整備工場さん ぼったくりだろ!」
という方もいると思いますが、全くぼったくりではありません。
実際にメーカーからDPFを仕入れるのにこれだけの費用が掛ってしまいます。
他にお願いしても、それ以上の請求になるかもしれません。
中間マージンなんて一切とっていなくてこの値段です・・・。
しかし、洗浄ならば68,000円(税込)です。(宣伝)

リコールについて

↓↓↓ リコール情報をリンクで貼っていますので、気になる方は ↓↓↓ をクリック!
リコール情報についてはコチラ
クルマに関するお問合せは、最寄りの日産のお店もしくは下記までご連絡くださいますようお願いいたします。

【フリーコール】
0120-315-232
受付時間:9:00~17:00(年末年始を除く)

自動車検査証(車検証)をご用意いただくとスムーズな対応が可能です。

バネット スペック

・メーカー:日産
・車種 : バネット
・型式 : KQ-SKF2VN
・年式 : H.18年
・走行距離: 75000km

最近ランプが頻繁に付きだして、マツダのディーラーで見てもらったところDPFの交換が必要とのこと。

ディーラーで強制再生をかけてみたが、再生が始まらないし終わらない・・・といった症状のよう。

恐らく、内部で大量のカーボンやアッシュが堆積していて温度が上がらないのだと思います。これらは洗浄することで解決します。

出来るだけ写真を使って洗浄の様子を分かりやすくご説明させていただきます!

それでは洗浄を開始していきます!

洗浄開始

 本日の洗浄依頼は秋田県からです。最近では、東北のお客様からもご依頼を頂くようになりました。ありがとうございます。他の触媒に比べて外観ではさほど汚れていないようにみえます。  しかし、指で触ってみると炭化物がべったりとつきます。ズームしてみると塵のような炭化物が大量に付いているのが分ります。 早速、洗浄機にいれてキャビテーションを行っていきます。  内部から大量の泡がでてきているのが確認できます。

弊社採用の特殊溶剤では、洗浄機の下部からキャビテーションをして微細な泡を発生させ、セラミックフィルターの洗浄を行っております。 また、弊社採用の特殊溶剤となり内容は公開できませんが、カーボンとアッシュを破壊し落とす事の出来る専用の液材を使用しています。 このまま、5時間ほどかけて洗浄を行っていきます。5時間後に、一度装置から取り出して通水洗浄を行っていきます。  排気口からエンジン側にむかって通水をしていきます。これを逆方向に通水させると、逆に詰まってしまうので注意が必要です。 内部から溶けだしたアッシュが大量に出てきています。 このオレンジ色・茶色のものがアッシュになります。アッシュとは、エンジンオイルの燃えカスです。 触媒の洗浄は、カーボンが大量に詰まっている触媒が多いのですが、このバネットからは大量のカーボンが出てきます。

この容器の、2杯分のカーボンを確認しました。 もう一度洗浄装置にいれ、5時間をかけてキャビテーション洗浄を行っていきます。何度も何度も時間を掛けて微細な泡を発生させ、内部の汚れを破壊していきます。あふれ出した泡からは、ちらほらカーボンの塊がでていているのが分かると思います。 内部からはがれたカーボンが泡と一緒に押し出されていきます。 もう一度装置から取り出して通水させていきます。

お察しの通り、キャビテーション洗浄 ⇒ 通水確認 ⇒ キャビテーション洗浄 ⇒通水確認 を何度も何度も繰り返していきます。

そして、貫通するまで丁寧に洗浄を行っていきます。

この作業工程を、平均すると5回以上も繰り返していきます。何度も何度も洗浄を入念に行っていけば確実に詰まりは解消されます。 下部に溜まったカーボンです。日産のディーラーで奨められたエンジンオイルでさえ、これだけのカーボンが出るので不思議ですね。 触った感じは、綺麗な砂丘の砂?のようなイメージでした。   洗浄液の上部に溜まった茶色の泡もアッシュになります。泡に大量のアッシュが付着して着色されていますね・・・。洗浄液の効果恐るべしです。洗浄が終了すると、一度エアーガンで水分を飛ばします。そのあとに扇風機で乾かしていきます。洗浄後のフィルター

最後に

バネットの洗浄はいかがだったでしょうか?
150,000円以上の見積もりも、洗浄では68000円(税込)です。

DPFドットコムでは全国送料無料となっております。(沖縄・離島は片道送料無料)

今の時代は、DPFを新品に替えるのではなく、洗浄をして再利用する時代だと思います。

弊社開発の特殊溶剤では、一体型で洗浄が難しいといわれる触媒マフラーも洗浄が可能です。

バネットのランプ点滅でお困りの方は是非、DPFドットコムへお問い合わせください。

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ

(金額改定しました。ご注意ください!!)

 【DPFドットコム】洗浄依頼価格表(金額改定しました。ご注意ください!!)

【DPFドットコム】洗浄依頼価格表(金額改定しました。ご注意ください!!)

営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
備考欄

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

 

シェアする

トップへ戻る