【衝撃】ハイエースのDPRマフラーを切断してたらまさかの溶損!? | DPFドットコム

【衝撃】ハイエースのDPRマフラーを切断してたらまさかの溶損!?

日頃のご愛顧ありがとうございます!DPFドットコムです。

唐突ですが今回は、ハイエースのDPRマフラーを切断して内部を見てみよう!というコーナーです。

弊社では、洗浄やリビルトを施工させて頂く際に、ハイエースのような一体型のマフラーは、切断施工を行っております。

切断 ⇒ 洗浄 ⇒ 溶接 ⇒ 塗装 ⇒ 納品

上記の流れがハイエースの施工の流れになります。

しかしこのハイエース・・・。かなりの確率でマフラーが

「溶損」しています。

前置きはこのへんにして、写真をアップしましたのでご確認ください!

⇒通常のマフラーの場合

⇒溶損しているマフラーの場合

いかがだったでしょうか?

ハイエースの様な一体型の触媒は、本当によく溶損しています。

正直なところ、溶損しているマフラーを洗浄しても効果が期待できません。

しかし、洗浄をご希望のお客様から、「どうにか直らないですか?」という声をたくさん頂きます。でも、溶損しているとどうしようもない・・・・。

しかし、どうにかお客様のお声に応えたいという思いから・・・・。

触媒の入れ替え・交換始めました!!! >>

気になる方は↑のリンクから交換している記事を見ていってください(笑)

どういう症状のマフラーが溶損しているのか。

1,アイドリング・走行中にマフラーから黒煙が出ている。

2 ,ディーラーで強制再生を何度も行った

3 ,振ってみるとマフラー内部からカラカラと異音がする

4 ,走行距離が15万kmを超えている。

上記の項目に1つでも当てはまれば、洗浄やリビルト・新品交換が必要かもしれません。

何かの参考になればと思います。ありがとうございました。

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ



営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
備考欄

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

シェアする

トップへ戻る