DPF(DPD/DPR)ランプ点灯・点滅した時の対処法と改善方法 | DPFドットコム

DPF(DPD/DPR)ランプ点灯・点滅した時の対処法と改善方法

この記事では、トラック・バスの「チェックランプの意味」「何故チェックランプが点くのか」「メーカー毎の点滅・点灯の際の対処法」などを分かりやすく解説していきます。

※画像はエンジンRFのDPF

DPFという呼び方はメーカーによって異なりますが(DPR・DPDとも言う)、以下DPFと総称します。

DPFってなに?各メーカーの呼び方の違いについて詳しく知りたい方はコチラ >>

DPFが分からない!という方は上記の記事をご一読下さい。

チェックランプの意味を画像解説!

まず、初めに確認しておきたいのがチェックランプの意味についてです。

以下のランプが点灯している場合はDPFの故障の疑いがあります。

インジケータランプ

煙がモクモクしている様なこの画像が表示している場合は、

このランプが表示されると、DPFマフラーが詰まりだしたというサインです!

出来るだけ早く対処が必要です。

インジケータランプが点滅している場合

各メーカー約50kmまでは走行しても問題はありませんが、出来るだけ早く車両を止めてDPFの再生作業を行ってください。

手動再生を無視して走行を続けた場合は、点滅から点灯に変わります。

必ず近いうちに「手動再生」を行ってください。

インジケータランプが点灯している場合

点灯になった場合は車種によってはエンジン制御がかかり、速度が40km~50km程しか出なくなります。

インジケータランプが点灯している場合は、ドライバー側のチェックランプ解除は不可能です。

しかもこのエラーを消すには、専用のテスターが必要になります。ディーラーや特定の整備工場しか所有していないので注意が必要です。

やっかいになる前に、必ず再生作業をおこなってください。

エンジンチェックランプ

こちらのランプが点灯した際は、エンジン系・吸気系の不具合が考えられます。

前項のインジケータランプと同時点灯している場合は、DPFが詰まり過ぎていて排気が上手く抜けていかないために、エンジンの警告をしている可能性が高いです。

ちなみに、このチェックランプのみが点灯した場合は、O2センサー単体がエラーの原因の可能性があります。

各メーカーの対処法をまとめてみました

詳しい対処法はメーカーによって異なります。下記にてまとめてみました。

日野自動車

■ランプ点滅 

⇒ 常時点滅したら 150kmまたは8時間以内に手動再生をおこなって下さい。再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点灯し手動再生不可能になります。

■ランプ点灯 

⇒  「点灯」に切り替わるとエンジン制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点灯したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 15~30分

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■DPRの対処について

日野自動車のDPR再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎日野自動車(株)お客様相談窓口

【0120-106-558】

トヨタ

■ランプ点滅 

⇒ 常時点滅したら 50kmに手動再生をおこなって下さい。再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点灯し手動再生不可能になります。

■ランプ点灯 

⇒  「点灯」に切り替わるとエンジン制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点灯したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 15~40分

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■DPRの対処について

トヨタ自動車のDPR再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎トヨタ(株)お客様相談窓口

【0800-700-7700】

いすゞ

■ランプ点滅 

⇒ 常時点滅したら出来るだけ早く手動再生をおこなって下さい。再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点灯し手動再生不可能になります。

■ランプ点灯 

⇒  「点灯」に切り替わるとエンジン出力制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点灯したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 15~20分

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■DPDの対処について

いすゞ自動車のDPD再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎いすゞ自動車(株)お客様相談窓口

【0120-119-113】

三菱ふそう

■ランプ点滅 

⇒ 常時点滅したら 50kmまたは1時間以内に手動再生をおこなって下さい。再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点灯し手動再生不可能になります。

■ランプ点灯 

⇒  「点灯」に切り替わるとエンジン制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点灯したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 15~25分(ローザは15~40分)

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■スス堆積量の確認

■DPFの対処について

三菱ふそうトラック・バスのDPR再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎三菱ふそうトラック・バス お客様相談窓口

【0120-324-230】

UDトラックス

■ランプ点滅 

⇒ 常時点滅したら 200km以内に自動再生をおこなって下さい。再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点灯し手動再生不可能になります。

■ランプ点灯 

⇒  「点灯」に切り替わるとエンジン制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点灯したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 35分前後

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■スス堆積量の確認

■DPFの対処について

UDトラックスのDPF再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎UDトラックス お客様相談窓口

【0120-67-2301】

マツダ(トラック)

■ランプ点灯 

⇒ 常時点灯したら 30kmに自動再生をおこなって下さい。し「30Km 以上」走行した場合は、手動再生を開始する。手動再生を無視して走行を続けた場合は、インジケータランプが点滅し手動再生不可能になります。

■ランプ点滅 

⇒  「点滅」に切り替わるとエンジン制御が掛かり、排出ガス浄化装置スイッチが機能しなくなります。点滅したまま走行を続けると、致命的な故障に繋がる可能性があります。ディーラーまたは整備工場で修理をして下さい。

■手動再生時間目安 

⇒ 20~30分

手動再生が上記の時間を越える場合は、触媒の劣化やインジェクター・排気シャッターバルブの故障などいろいろの原因が考えられます。

■DPFの対処について

マツダのDPR再生の方法や詳しい情報はコチラ>>

◎マツダ お客様相談窓口

【0120-386-919】

DPFの手動再生が終わらない場合

DPFの手動再生が完了終わらない場合は以下の原因が考えられます。

・DPFの故障

・インジェクターの詰まり

・排気シャッターバルブの故障

・温度センサー・差圧センサーの故障

・EGRクーラー(バルブ)の詰まり

・その他吸気系のカーボン詰まり

他にも様々な理由でインジケータランプは点滅・点灯します。

DPFドットコムではDPFの洗浄再生が可能です

DPFは洗浄で再生する事が可能です。

DPFドットコム では、洗浄費用が63000円(税込)~

しかも、期間限定キャンペーン中で往復送料無料です。

業界最安値でクオリティーの高い洗浄が可能です。

 

洗浄のご注文はコチラからどうぞ

(金額改定しました。ご注意ください!!)

 【DPFドットコム】洗浄依頼価格表(金額改定しました。ご注意ください!!)

【DPFドットコム】洗浄依頼価格表(金額改定しました。ご注意ください!!)

営業時間内にお問い合わせ頂いた場合は、1時間以内にご返答させて頂きます。

必須お名前
必須メールアドレス
必須お電話番号
必須ご返信方法
必須型式
備考欄

 内容に問題が無ければチェックを入れてください

ご注文からご入金・返送までの流れ

 

シェアする

トップへ戻る